図 豊田章男氏(左)と鈴木修氏
[画像のクリックで拡大表示]

 トヨタ自動車とスズキは2016年10月12日、業務提携に向けた検討を始めると発表した。具体的な提携内容は「まだ何も決まっていない」(トヨタ社長の豊田章男氏)とするが、主に情報技術や自動運転などの技術開発で協力する考えだ。

 情報技術分野を中心に、「自動車産業を巡る技術競争は急速に変化」(スズキ会長の鈴木修氏)している。2社で協力し、新しい技術分野における世界の自動車開発競争を勝ち抜くことを目指す。

 同日、トヨタ社長の豊田氏とスズキ会長の鈴木氏が会見で説明した。提携のきっかけは、スズキからトヨタに話しを持ちかけたこと。鈴木氏は、「これまでの伝統的な自動車技術を磨くだけでは、将来は危ういと考えていた。こうした悩みを(トヨタ名誉会長の)豊田章一郎氏に話しており、つい最近、トヨタの協力を得られないかと聞いた」ことを明かす。章一郎氏が仲介する形で章男氏と鈴木氏が先週に話し合い、「業務提携について検討することになった」(章男氏)という。