ニュース

太陽光・風力の変動をEVで緩和、東北電力などV2G実証

2018/10/09 12:30
工藤宗介=技術ライター
印刷用ページ
V2G実証プロジェクトの概要
(出所:東北電力、日産自動車、三井物産、三菱地所)
クリックすると拡大した画像が開きます

 東北電力、日産自動車、三井物産、三菱地所は10月4日、電気自動車(EV)やプラグインハイブリッド車(PHV)の蓄電池を電力系統に接続して充放電するV2G(Vehicle to Grid)技術の構築に向けた共同実証プロジェクトを実施すると発表した。

 自然条件により出力変動する太陽光・風力発電の大量導入を控え、需給バランスの改善に、EVの蓄電池がどの程度、活用できるかなどを検証する。

 仙台ロイヤルパークホテル(仙台市)の地下駐車場にEVおよび充放電スタンドをそれぞれ2台設置する。充放電スタンドの遠隔監視・制御システムから収集した充放電データと、太陽光や風力などの再エネ発電実績を組み合わせたシミュレーションを行い、EVの蓄電池が電力需給バランス調整機能として活用できるかを検証する。

 また、実証期間中はEVをホテルの宿泊者などにカーシェアリング車両として提供する。V2G実証実験とカーシェアリング事業を通じて得られた蓄電池の使用状況と、EVの利用状況などのデータは、新たなビジネスモデルやサービスを開発するための検討に活用する。実証期間は、同日から2019年3月31日まで。

 東北電力は、5月30日から経済産業省の補助事業「平成30年度需要家側エネルギーリソースを活用したバーチャルパワープラント構築実証事業(V2Gアグリゲーター事業)」を開始している。今回のV2G実証プロジェクトは、同事業の一環として取り組む。

  • 記事ランキング