情報通信研究機構(NICT)は2016年10月11日、NTT、カタール環境エネルギー研究所(QEERI)と共同で、超伝導人工原子に光子がまとわり付いた分子のような新しい最低エネルギー状態(基底状態)が存在することを発見したと発表した。従来に比べて非常に広いエネルギー範囲で物質と光の相互作用を操る術を提供できるため、量子相転移の物理の解明や、シュレディンガー猫状態のような非古典光状態を使う量子技術への応用の道を拓き、量子通信、量子シミュレーション・計算、次世代超高精度原子時計の開発など、量子技術分野の研究に役立つと期待される。

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は申し込み初月無料!