東京大学は2016年10月7日、神奈川科学技術アカデミー、住友化学らと共同で、蚊の触角に存在する嗅覚受容体を利用した匂いセンサーを開発したと発表した。同センサーを用いて匂いをセンシングするロボットを作成し、動作実験に成功した。

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は申し込み初月無料!