みなとアクルスのエネルギー供給概念図
(出所:東邦ガス)
[画像のクリックで拡大表示]

 東邦ガスと同社100%子会社の東邦不動産(名古屋市)は9月25日、三井不動産グループと共同開発を進めてきたスマートタウン「みなとアクルス」(名古屋市港区)の街びらきを行った。

 商業施設「ららぽーと」屋根上に設置した太陽光発電やガスコージェネレーション(熱電併給)、外部調達のグリーン電力などを組み合わせ、電気・ガス・熱を一括で供給する。

 エリア中央部に、集合住宅や商業施設、スポーツ施設などへ電気・ガス・熱を供給するエネルギーセンターを設置。エリア全体の電力負荷5000~8000kWに対し、ガスコージェネや太陽光発電による電力、系統からのグリーン電力、大型蓄電池の電力を特定併給による自営線で電力供給する。

 電力の内訳は、ガスコージェネ(ガスエンジン発電機)が2000kW、NAS電池(容量4320kWh)が600kW、太陽光発電設備が350kW、バイナリー発電機(ガスコージェネの排熱利用)が20kW、グリーン電力が1000kW。グリーン電力は、外部のバイオマス発電から調達する。

 また、熱源としてガス炊きジェネリックが5600kW、蒸気吸収式冷凍機が1900kW、運河水利用ヒートポンプなどが3500kWを供給する。CEMS(地域エネルギー管理システム)を構築し、エネルギー需給を一括管理する。このほかにも、商用水素ステーションとLPガススタンドを併設したエコステーションを備える。

 これらの環境負荷低減策により、1990年比で省エネ率40%、CO2削減率60%を目指す。名古屋市の「低炭素モデル地区事業」の第1号に認定された。