図1 デモで使用した実験車両
[画像のクリックで拡大表示]
図2 ステアリングに取り付けたカメラ
[画像のクリックで拡大表示]

 ドイツBosch社は、自動ブレーキがかかる前にシートベルトを巻き上げる技術を、日本法人のボッシュが「女満別テクニカルセンター」(北海道網走郡大空町)で2016年9月28日に行った試乗会で公開した。試乗会では、同技術を搭載した実験車両によるデモンストレーションも見せた。

 デモで使用した実験車両は、ホンダの「レジェンド」のハイブリッド車(HEV)をベースに開発した(図1)。車両に搭載したセンサーは、中距離ミリ波レーダーと単眼カメラである。ミリ波レーダーは車両の前部に3個、後部に2個の合計5個を取り付けた。単眼カメラは、フロントウインドー上部の室内側に設置した。いずれもBosch社の製品である。

 今回のデモでは実験車両を80km/hで走行させ、カメラとレーダーで前方の障害物を検知し、横滑り防止装置(ESP)を使って衝突の3秒前に自動ブレーキをかけ、障害物の1.3m手前で停止させた。自動ブレーキがかかる直前にシートベルトの巻き上げを開始して、乗員の体が前方に振られないように座席に固定した。

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は申し込み初月無料!