武藤工業(本社東京)は、エンジニアリングプラスチックス(エンプラ)にも対応した材料押出(FDM)方式の3Dプリンターとして、デスクトップ型の「MF-2500EP」を2016年11月に発売する。造形材料として、ポリカーボネート(PC)を使えるようにした。

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は申し込み初月無料!