図 新日鉄住金ソリューションズAI研究開発センター長の馬場俊光氏
図 新日鉄住金ソリューションズAI研究開発センター長の馬場俊光氏
[画像のクリックで拡大表示]

 新日鉄住金ソリューションズ(NSSOL、本社東京)は2017年10月3日、「AI研究開発センター」を設置すると発表した(図、ニュースリリース)。同社の研究拠点「システム研究開発センター」(横浜・みなとみらい)内に置く。顧客先の具体的なIT導入案件にAIを適用する一方、「AI(人工知能)をこう使えば課題解決に役立つ、という知見を早く見つけたい」としている。

 AIに関わるアルゴリズムとハードウエアの急速な発展により、さまざまな分野でAIの可能性が見えてきている一方で「AIを利用しようとして四苦八苦している企業も多いと聞く」(同社)。新しく設立したAI研究センターでは、NSSOLの顧客企業での具体的な課題解決に機械学習などのAIを利用するとともに、どのようなデータが必要か、そのデータをどう処理すればうまくいくかをコンサルティングする。「現在話題になっているAIの案件は、大量のデータが存在して初めて可能になるものが多いように思う。そこで、少ないデータでも機械学習がうまくいく方法などの知見も蓄積したい」という。

 1980年代の第2次AIブームの際、新日鉄住金の前身の1つである新日本製鉄は、高炉の運転を支援するエキスパートシステムにニューラルネットワークを応用していた。「形式知として記述できる高度な理論に対してはルールベースのシステムを適用する一方、熟練者がひらめきで判断していることに対してはニューラルネットワークを適用して相互に組み合わせるという、今日でも通用するアーキテクチャー」(NSSOL)だった。

この先は有料会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は申し込み初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら