• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

お薦めトピック

参加者が持ち寄った端末で医療画像勉強会

パナソニックが東大病院 放射線科と共同開発

2016/10/03 13:03
増田 克善=日経デジタルヘルス
「co-Nect」を用いた勉強会のイメージ
クリックすると拡大した画像が開きます

 パナソニックAVCディスクサービスは、一般X線撮影機器やX線CT装置、MRIなどで撮影した医療画像(DICOM画像)を症例勉強会やセミナーにおいて参加者の手持ちの端末で同時に供覧できる医療画像勉強会システム「co-Nect」の提供を2016年10月3日に始めた。東京大学医科学研究所附属病院 放射線科との共同研究で開発したシステムである。

 co-Nectは、DICOM画像を参加者が持ち寄ったタブレット端末やパソコン、スマートフォンなどさまざまな端末が使用できる。従来、医療画像を使用する勉強会やセミナーでは、フィルムを用いたり、症例画像をプロジェクターで投影したりする場合が多く、間近で微細な所見が確認できないことによる視認性の課題があった。co-Nectは参加者が各自手元の端末で画像を確認でき、簡易DICOMビューワー機能を利用して画像送り、ウィンドウ幅・レベル調整、拡大・縮小などで病変観察を行うことができる。

 スクリーン共有機能により発表者の画面を参加者の各端末に同期表示できる一方、発信者切り替え機能により別の参加者が自身の操作画面を全員に共有することもできる。また、レーザーポインター機能により、全参加者が供覧している画面上で発表者と参加者がそれぞれ個別のポインターを操作・表示することができ、双方向のコミュニケーションをサポート。さらに、スタンプ機能により、読影中に画像の気になる個所に印(スタンプ)をつけ、ブックマークすることが可能。ブックマークしたスタンプは参加者全員で画面上に共有することもできる。

 勉強会に使用する資料は、登録画面からドラッグ&ドロップで簡単に登録可能。使用するDICOM画像は匿名化・暗号化されるためセキュアに運用ができ、PDFやJPEGファイルなどの汎用的なドキュメントフォーマットの共有・閲覧にも対応する。

 co-NectソフトウエアをインストールしたサーバーとWi-Fiステーションをセットにして年間契約でサービス提供を行う。価格はオープン価格。対応する端末のOS/ブラウザーは次の通り。Windows7以上/Google Chrome、OS X 10.11以上/SafariおよびGoogle Chrome、iOS 9以上/Safari、Android 4.4以上/Google Chrome。

ピックアップPR

もっと見る

記事ランキング