本庶教授がノーベル賞受賞者に決定

癌の免疫チェックポイント療法の発見で

2018/10/02 10:30
日経バイオテクONLINE
出典: 日経バイオテクONLINE,2018年10月1日 , (記事は執筆時の情報に基づいており,現在では異なる場合があります)
京都大学で記者会見に応じる本庶佑教授
クリックすると拡大した画像が開きます

 ノーベル財団は2018年10月1日、京都大学高等研究院特別教授の本庶佑氏を2018年のノーベル生理学・医学賞の受賞者に選んだと発表した続報はこちら。米MD Anderson Cancer CenterのJames Patrick Allison氏と共同受賞した。本庶氏の受賞は自然科学3賞では日本人23人目。日本人による生理学・医学賞の受賞は、利根川進氏、山中伸弥氏、大村智氏、大隅良典氏に次いで5人目。本誌の読者調査でも、今年日本人がノーベル賞を受賞するなら誰かという質問に対し、読者は本庶氏を第1位に選んでいた。

 授賞理由は、免疫のブレーキを解除する癌治療法の開発だ。ノーベル財団はそのツイッターで、「免疫チェックポイント療法は癌治療に革命をもたらし、癌の管理方法を根本的に変えた。今年のノーベル賞受賞者は、癌治療の全く新しい原則を確立した」などと賛辞を送っている。

 本庶氏は、免疫細胞の研究に取り組み、癌細胞が体内の免疫機構の活性を抑制する仕組みを発見した。同研究は、小野薬品工業と米Bristol-Myers Squibb社が発売している抗PD1抗体「オプジーボ」(ニボルマブ)の創製につながった。本庶氏は1992年、T細胞の細胞死が誘導される際に発現が増強される遺伝子として、Programmed cell death 1(PD1)を発見したことを報告。1998年には、京都大学の本庶研究室で作製されたPD1ノックアウトマウスを用いた実験の結果、PD1を欠損させると、生体内で免疫機能が強化されることを明らかにした。その後、PD1欠損マウスに腫瘍を移植した場合、腫瘍の増殖が抑制されることなどを確かめた。オプジーボは、T細胞に発現するPD1を阻害する抗体で、T細胞の活性が抑制されることを防ぐ。

 本庶氏は、1942年生まれ。1971年に京都大学大学院医学研究科生理系専攻修了後、米Carnegie Institution for Scienceや米National Institutes of Healthなどで研究員を務めた後、東京大学医学部助手や大阪大学医学部教授を経て、1984年に京都大学医学部教授に着任。2005年から京都大学大学院医学研究科特任教授、2015年から先端医療振興財団理事長、2017年から京都大学高等研究院特別教授を務めている。

 共同受賞者であるAllison氏は、1995年にT細胞表面上にT細胞の活動を抑える抑制性の受容体、細胞傷害性Tリンパ球抗原4(CTLA4)があることを見いだしたほか、抗CTLA4抗体を用いたマウスの実験で抗腫瘍効果を確認している。抗CTLA4抗体は2011年3月に米食品医薬品局(FDA)が医薬品として承認し、米Bristol-Myers Squibb社が「Yervoy」(イピリムマブ)として発売した(日本では2015年5月に承認)。

 本庶氏のノーベル賞受賞決定に対して、抗PD1抗体を医薬品として開発した小野薬品工業は、「発見された免疫制御分子 PD-1 から開発した抗 PD-1 抗体を抗癌剤として医薬品化した私たちの使命は、できる限り早く、より多くの患者さんにお届けすることです」などとするコメントを発表している。

 本庶研究室で抗PD1抗体の開発に至った経緯等については、日経BP社発行の「新薬創製」(長岡貞男・編著、2016年)において1章を割いて詳述している(書籍の詳細はこちら)。

ピックアップPR

もっと見る

記事ランキング