理化学研究所(理研)は2016年9月30日、純ニオブ材料を用いた低速イオン用の超伝導加速空洞を開発・建設し、従来の常伝導加速空洞と比べて100分の1以下の電力で最大1.6MVの高電圧を発生させることに成功したと発表した。この技術は、人工核変換による放射性廃棄物の低減の実現に寄与するほか、医療用ラジオアイソトープ(RI)製造や粒子線治療に用いる加速器の小型化にもつながるという。

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は申し込み初月無料!