ニュース

「太陽光と風力が最安」、原子力の専門家が報告書で指摘

2018/09/26 10:52
大場 淳一=日経BP総研 クリーンテックラボ
印刷用ページ

 「世界原子力産業現状報告」の2018年版(WNISR2018)は、2017年の原子力発電の設備容量がわずか1%の増加に留まったのに対して、風力発電は17%、太陽光発電は35%とそれぞれ大幅に増加したことを明らかにした(図1)。

図1●「世界原子力産業現状報告」2018年版(WNISR 2018)の表紙
(出所:WNISR)
クリックすると拡大した画像が開きます

 同報告書はまた、太陽光と風力が電力網に接続される電源として現在最も安価となっているとしている。一方、原子力発電所の新設は核兵器保有国に限られており、公的支援による投資で支えられているという。

 WNISRは、フランスでエネルギーや原子力政策の独立系コンサルタント業を営むマイケル・シュナイダー(Mycle Schneider)氏が主導、主筆として毎年発行している報告書。

 同報告書は原発の建設、運転や発電、廃炉など、原子力エネルギー産業に関連した客観的かつ総合的な内容を含む。近年は再生可能エネルギーも扱っており、同氏は自然エネルギー財団が日本国内で主催したイベントで講演したこともある。

 WNISR2018では、ケープタウン大学(南アフリカ)・経営大学院のアントン・エバーハード教授が寄稿した序文で「原子力は取り残されつつある」との認識を示した。同教授はさらに、「電源の相対価格が交代しており、多くの国では、電力系統に接続される電源として太陽光と風力が今や最も安価になっている」と述べている。

 世界全体における原子力発電のシェアは1996年の17.5%をピークとして減少傾向にあり、2017年には10.3%まで下落している(図2)。石炭火力など温室効果ガスの排出量の多い電源を減らす必要に迫られている中国では18%と高い伸びを記録する一方、世界全体では1%の成長にとどまっており、中国以外の世界各国では0.4%の下落となっている。

図2●原子力発電によるグローバル総発電量の推移
(出所:WNISR 2018)

 「原子力発電プロジェクトは、公的支援を行う用意のある国によって支えられているが、それらは利権や汚職絡みで進められることも多い」、と同報告書では指摘している。

 一方、再エネに関しては2017年に世界全体で157GWの電源が追加されており、前年の143GWを上回り過去最高の伸びを記録したとしている。そのうち52GWが風力、97GWが太陽光である。

 太陽光は世界全体で35%以上、風力は同17%以上の年間成長率を2017年に達成したとしている。

 同報告書では、「経済性でも再エネが原子力を凌駕する」という。

 具体的には、「陸上風力は1MWh当たり20ドル未満、洋上風力は同45ドル未満、太陽光は同25ドル未満の最低価格を記録した。一方、英国ヒンクリーポイントC原子力発電プロジェクトの行使価格は同120ドルに達する」と指摘している(関連記事)。

 「2017年の原子力発電へのグローバル投資額は約4GWの設備容量に対して160億ドル近くにのぼった。一方、風力では1000億ドル、太陽光では1600億ドルの設備投資となった」と述べている。

  • 記事ランキング