京セラドキュメントソリューションズ(本社大阪市)は2017年9月25日、複合機用トナーコンテナを生産する玉城工場第7工場(三重県・玉城町)を報道陣に公開した。同工場はトナーコンテナの生産工程の自動化を進めており、生産ラインの作業者を10人から1人に省人化する。加えて、今後自動化ラインを増設し、2020年までに玉城工場での生産能力を400〜600万本と現状の2倍にする予定だ。

この先は会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)が12月末まで無料!