完工した「大沼太陽光発電所」
(出所:自然電力)
[画像のクリックで拡大表示]

 自然電力(福岡市)は9月14日、北海道七飯町に出力1.8MWのメガソーラー(大規模太陽光発電所)「大沼太陽光発電所」を完工し、商業運転を開始したと発表した。富士製作所(愛知県豊明市)との協業で建設した。自然電力グループとして初めての北海道での案件となる。

 同発電所は、遊休地約3万6000㎡を利用して、出力約1.8MWの太陽光パネルを並べた。年間発電量は約191万kWhを見込む。これは一般家庭約600 世帯の年間使用電力量に相当する。発電電力は、固定価格買取制度(FIT)を活用して北海道電力に売電する。

 同発電所は、富士製作所が計画を進めていたものに対し、自然電力による資金調達支援によりプロジェクトファイナンスを実現し、事業化に至った。EPC(設計・調達・建設)サービスは、当初の計画通り、北弘電社(札幌市)が担った。

 積雪対策として、パネル最低部から地面までの高さを1.3m確保し、設置角を30度にした。発電所のO&M(運営・保守)は、自然電力グループのjuwi(ユーイ)自然電力オペレーション(東京都文京区)が提供する。

 自然電力は、2011年の会社設立以来、グループ全体で約700MW(2016年7月末時点)の太陽光発電所の開発・資金調達・EPC・O&Mに携わってきた。発電事業者として、本発電所も含め全国で16件の太陽光発電所を保有・運営している。