開発した製品ラインアップ
VCXOのサンプル出荷は始まった。TCXOのサンプル出荷は2017年前半の予定。
[画像のクリックで拡大表示]
2つのMEMS振動子を使って周波数安定精度を高める。
[画像のクリックで拡大表示]

 米SiTime社は、水晶発振器のうち周波数安定性が最も高いOCXO(Oven Controlled Xtal Oscillator)を置き換えられるMEMS発振器を開発、2017年前半に製品化する。携帯電話基地局や通信基幹網の基準クロック源として使える。MEMS発振器は、安価であるなどの利点がある一方、安定性では水晶発振器に対して劣っていた。SiTime社は、MEMS発振器の最大手で、2015年に買収したメガチップスの子会社である。

 開発したMEMS発振器の周波数安定性は、-40~+105℃の動作温度範囲において±0.1ppmと、数ppmのTCXOを上回り、1ppmを下回るOCXOに匹敵する。温度変化に対する安定性は、1分間に10℃の温度上昇時に0.001~0.005ppmと水晶発振器よりも優れる。時間的にランダムなばらつきを示すAllan分散は、10秒間で3×10-11と、TCXOよりも10倍の安定している。衝撃に対する安定性は、0.0001ppm/gである。PSNR(電源雑音除去比)は0.2ps/mVと安定しているため、定電圧源のLDOは不要になるという。

 発振周波数が1M~60MHzの製品と、60M~220MHzの製品を用意する。

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は申し込み初月無料!