東芝は、無線マルチホップ通信を用いて、99.999%以上の確率で各種センサーのデータを取集するネットワーク技術を開発した。電池駆動でさまざまな環境に設置しやすくし、気象災害の恐れがある場所や、老朽化が懸念される社会インフラの監視に向ける。

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は申し込み初月無料!