三菱電機は、準天頂衛星システムからのセンチメーター級測位補強サービス(CLAS:Centimeter Level Augmentation Service)信号を用いた、自動運転の実証実験を2017年9月19日から高速道路で開始した。準天頂衛星からのCLAS信号を使う自動運転の実証実験は、今回が世界で初めてだという。

この先は会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)が2020年1月末まで無料!