「自然電力のでんき」 電源構成
(2017年実績値)(出所:自然電力)
[画像のクリックで拡大表示]

 自然電力(福岡市)は9月19日、再生可能エネルギー30%の電気を供給する個人向け電力プラン「SE30(エスイー30)」の提供を開始したと発表した。利用者がより手軽に環境対策に取り組める選択肢を提供するとしている。

 同社は、利用者へ供給した電気使用量に合わせて非化石証書(再エネ指定)を購入することで、環境価値のある電気を提供している。これまで再エネ100%の「SE100(エスイー100)」を提供していたが、非化石証書の料金が上乗せされるため、電気の使用状況によっては価格が高くなるケースがあり、導入に踏み切れない場合もあった。

 SE30では、購入する非化石証書を使用電力量の30%分に抑えることで、SE100と比べて3.5%程度安価で提供できるようにした。同社の試算では、東京エリアで40Aの家庭が毎月400kWhの電気を消費した場合、従来の使用料金(年額16万4130円)と比べてSE100(年額16万3747円)は約382円、SE30(年額15万7860円)は約6270円安価としている。

 また、自然電力の電源構成では毎月約254kgのCO2を排出するため、SE30ではその30%分の約72gのCO2を削減できる。これは、東京から浜松市まで自動車で移動した場合の排出量を毎月削減するのと等しいという。

 同社の電力サービス「自然電力のでんき」のFIT比率(自然電力グループが設置し保有する発電所から、供給する電気量の割合)は約53%(2017年実績値)に達する。今後は太陽光のほか、風力や小水力発電所も追加し、よりFIT比率を高めた電気を供給する計画。