水素エネルギー利用システムの概念図
(出所:清水建設)
[画像のクリックで拡大表示]
納入する水素発生装置「ハイドロスプリング」のイメージ
(出所:日立造船)
[画像のクリックで拡大表示]
開発中の大型水素発生装置のイメージ
(出所:日立造船)
[画像のクリックで拡大表示]

 日立造船は9月15日、産業技術総合研究所向けに水素製造装置を受注したと発表した。固体高分子型水電解水素発生装置「ハイドロスプリング」で、製造能力は5Nm3/hとなる。2017年1月に福島再生可能エネルギー研究所に納入する。

 産総研と清水建設は、太陽光と風力など再生可能エネルギーの余剰電力を水素に変換して貯蔵し、必要な時に水素を利用できるエネルギーシステムの研究開発を進めている。今回の屋外設置型の水素製造装置は、同システムの重要な構成要素となる。

 換気機能を備えた 12フィートのコンテナ内部に機器を構成することで屋外設置を可能とした。主な特徴は、(1)電気と水だけで、オンサイト・オンタイムで水素を製造し、ボンベの運搬・保管・交換が不要。(2)固体高分子型電解槽を採用したため、高効率に水素を製造できるうえ、太陽光・風力発電の急激な電力負荷変動に追従できる。(3)純度99.999%~99.9999%、露点(大気圧換算)-50℃~-70℃の水素を製造。

 同社は、1974年のサンシャイン計画から水素発生装置の開発に取り組んでおり、将来の水素社会を見据え200Nm3/hとなる大型の固体高分子型水電解水素発生装置の開発も進めている。また、再エネ由来の水素とCO2を反応させてメタンを生成するメタネーションの研究開発も継続的に進めているという。