ドイツContinental社は2016年9月中旬に開催した報道関係者向けの技術試乗会「TechRide2016」で、タイヤの荷重とトレッド溝の深さを検知する装置を展示した。タイヤにかかる荷重を適切に保てれば、燃料消費量の削減につながる。トレッド溝の減った量を検知して運転者にタイヤの交換時期を知らせる。同社は2018~2019年での量産を目標にするという。

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は申し込み初月無料!