三菱電機は、半導体製造装置などを汎用のC言語プログラムで制御するC言語コントローラーの新製品として、エッジコンピューティング支援機能を持つ20機種を発売した。エッジコンピューティングによって製造データのリアルタイム分析を支援することで、設備の異常や製品不良の予兆を検出。これにより、品質改善や生産性向上が期待できるとする。

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は申し込み初月無料!