機器構成および診断結果のイメージ
(出所:トーエネック)
[画像のクリックで拡大表示]

 トーエネックは9月14日、ドローン(無人小型飛行体)による太陽光発電所の画像撮影にEL(エレクトロ・ルミネッセンス=電界発光)測定を導入すると発表した。動画撮影でEL測定できるように改良したカメラをドローンに搭載して撮影する手法を確立したという。10月から同手法を用いたサービスの提供を開始する予定。

 EL測定は、太陽光パネルに電流を流すと近赤外光を発光する現象を利用した検査手法。発光の有無を確認できる専用カメラを使って、太陽光パネルを撮影することで欠陥箇所を特定できる。同社では、従来は屋内で行っていたEL測定を、太陽光パネルが設定されている屋外で実施できるように改良し、2015年5月から「オンサイトEL測定サービス」として提供している。

 今回確立した手法は、ドローンを用いて動画撮影でEL測定を行うことで、静止画像の撮影と比較して測定時間を短縮できる。出力500kW(太陽光パネル約2000枚)の太陽光発電所で、約1時間の時間短縮が可能という。

 また、工場屋根上など、作業者が近づけない場所でもEL測定を行える。測定者の行動範囲も最小限になるため点検作業時の安全性が高まるという。太陽光パネルが発電しない夜間に測定することで発電量に影響を与えない。

 対象は、概ね50kW以上の太陽光発電設備。価格は発電設備の機器構成や現地の状況によって異なる。500kWの地上設置型太陽光を診断した場合の参考価格は約50万円。同社は、インテックス大阪で9月20~22日に開催される「太陽光発電システム施工展」および同社教育センターで11月2日に開催する「トーエネック・テクニカルフェア2017」にて展示・出展する。