NTTコミュニケーションズ(NTTコム)と三井化学は2016年9月15日、AI技術の一種であるディープラーニング(深層学習)によって、原料や炉の状態などを示すプロセスデータと、ガス製品の品質を示すXガス濃度との関係をモデル化し、プロセスデータ収集時から20分後のガス製品の品質(Xガス濃度)を高精度で予測することに成功したと発表した。品質異常の事前予知に使える。

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は登録月無料!