YPJシリーズ第2弾の電動アシストクロスバイク「YPJ-C」
YPJシリーズ第2弾の電動アシストクロスバイク「YPJ-C」
[画像のクリックで拡大表示]

 ヤマハ発動機は、電動アシスト機構が付いたスポーツ自転車「YPJシリーズ」の第2弾としてクロスバイク「YPJ-C」を2016年10月27日に発売する(ニュースリリース)。同シリーズのエントリーモデルという位置付けで、電動アシストスポーツ自転車というカテゴリー自体のユーザー層拡大を図る。

YPJシリーズ第1弾の電動アシストロードバイク「YPJ-R」
YPJシリーズ第1弾の電動アシストロードバイク「YPJ-R」
[画像のクリックで拡大表示]

 同社は、YPJシリーズの第1弾となるロードバイク「YPJ-R」を2015年12月に発売していた(関連記事)。同シリーズのコンセプトは、「楽しくスポーツする趣味材」であり、そのターゲットは「ストイックに乗る人ではなく、気軽に楽しみたい人」(同社SPV事業部マーケティング部PAS商品企画担当主査の鹿嶋泰広氏)だ。それでも、YPJ-Rはスポーツ自転車の中では上級者向けのロードバイクだったこともあり、ユーザーのほとんどは男性で、年齢層も40~60歳代が約8割を占めるなど、ユーザー層はやや偏っていた。そこでロードバイクよりも扱いやすいクロスバイクを新たに発売することで、女性や若者などのユーザー層を取り込む狙いがあるという。

「YPJ-R」に試乗した人の声
「YPJ-R」に試乗した人の声
[画像のクリックで拡大表示]
「YPJ-R」のユーザー層
「YPJ-R」のユーザー層
[画像のクリックで拡大表示]

 YPJ-Cの基本骨格や電動アシスト機構は、YPJ-Rのものを踏襲している。電動アシスト機構は、定格出力240WのブラシレスDCモーターを使ったドライブユニットや、電流容量2.4Ah(電圧25.2V)のリチウムイオンバッテリーなどから成る。充電時間は約1時間で、一充電当たりの走行距離は標準的なアシストの「STD」モードで22km(自転車協会電動アシスト自転車安全基準における「標準パターン」の条件時)である。

ドライブユニット「PWシリーズ」
ドライブユニット「PWシリーズ」
[画像のクリックで拡大表示]
ドライブユニットはクランクに取り付ける
ドライブユニットはクランクに取り付ける
[画像のクリックで拡大表示]
リチウムイオンバッテリー
リチウムイオンバッテリー
[画像のクリックで拡大表示]
バッテリーはダウンチューブに取り付ける
バッテリーはダウンチューブに取り付ける
[画像のクリックで拡大表示]

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は申し込み初月無料!