国際電気通信基礎技術研究所(ATR)とブラウン大学の研究グループは2016年9月9日、大脳皮質の高次領域に特定の時空間活動パターンを引き起こすことで、被験者の顔の好みを好き・嫌い両方向に変化させられることを発見したと発表した。今回の手法を応用することで、精神疾患などの原因となる高次脳領域における活動ダイナミクス異常を改善するための新しい医療技術の開発が期待される。

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は申し込み初月無料!