東京大学と名古屋大学、大阪大学らの研究グループは2016年9月7日、鉄を主成分とした化合物「FeSb2」が極低温で示す巨大な熱電効果(ゼーベック効果)の起源を解明したと発表した。極低温で動作する高性能ペルチエ式クーラーの開発に向けて新たな設計指針を示す成果という。

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は申し込み初月無料!