東芝は2016年9月5日、電力インフラの巡視や点検サービスの分野において、産業用ドローンを使ったサービスを展開することを発表した。同社は、自動車向け地図情報連携技術などを持つ、車載機器メーカーのアルパインと協業する。山間部や高所といった危険な場所での、送電線や鉄塔の巡視や点検作業をドローンで行うシステムを開発。2017年度中の実用化を目指す。

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は申し込み初月無料!