産業技術総合研究所(産総研)は2016年8月31日、東日本高速道路 東北支社(NEXCO東日本 東北支社)およびネクスコ・エンジニアリング東北(ネクスコエンジ東北)と共同で、デジタルカメラで橋のたもとから橋梁を撮影した画像を用いて、車両が通行する際に橋梁に生じるたわみ分布を短時間で簡単に計測できる技術を開発したと発表した。開通前の常磐自動車道の9つの橋でたわみ計測の実証実験に成功した。

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は申し込み初月無料!