東京大学と東北大学、東京理科大学、名古屋大学、仏グルノーブル国立科学研究センターの研究チームは2016年9月1日、ディラック電子間の電気・電子的な相互作用の強い分子性結晶について核磁気共鳴実験と理論計算を行い、ディラック電子の相互作用に由来する特異な振る舞いについて明らかにしたと発表した。

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は申し込み初月無料!