• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP
ニュース

既設太陽光を含む「補償付き蓄電システム」、ネクストエナジーが商品化

2018/08/27 14:55
工藤宗介=技術ライター
印刷用ページ
NX3098シリーズ
(出所:ネクストエナジー・アンド・リソース)
クリックすると拡大した画像が開きます

 再生可能エネルギー関連事業を手掛けるネクストエナジー・アンド・リソース(長野県駒ヶ根市)は、リチウムイオン蓄電システムに、独自の「リボーン補償サービス」を付帯したパッケージ製品を8月24日発売した。

 対象となるのは、2017年7月に発売した「NX3098」シリーズで、既設の太陽光発電システムを含めて自然故障および自然災害を最長5年間補償する。

 固定価格買取制度(FIT)の買取期間が満了する住宅が急増する「2019年問題」に対応し、既に太陽光発電システムを所有するユーザーが蓄電システムを導入しやすくしたという。

 NX3098シリーズの本体仕様は、定格容量9.8kWh、実効容量8.8kWh。6kVA以内の太陽光発電と連係動作が可能。期待寿命は6000サイクル。屋外設置に対応する。

 今回の補償サービスは、すべてのメーカーの既設太陽光発電システムに対応できる。蓄電システムの追加に伴う既設システムの保証切れや、火災保険などが適用にならない災害事故の復旧修理の場合でも利用できる。

 補償期間は、設置完了日から最長5年間で、サービス期間中の修理回数は無制限。1回の修理につき補償限度額を上限に修理サービスを受けられる。補償限度額は、システム容量10kW以下が150万円(税込み)、10kW超~20kW以下が250万円(税込み)。

 ただ、補償サービスを受けるにあたってネクストエナジーが定めた事前点検を受ける必要がある。不具合が発見された場合は、既設システムの製品保証を利用して修理・交換するとしている。

 希望小売価格は285万円(税別)で、実売価格は200万円台となる見通し。同社の売り上げのうちリチウム蓄電システムは現在5%を占めるが、今回のリボーン補償付き製品の導入などにより、今後5年間で10%まで引き上げたいとしている。

  • 記事ランキング