一般的な水系水溶液を用いた場合は電圧2V以下・エネルギー密度100Wh/kgが限界だったのに対し、ハイドレートメルトを電解液に用いた場合は電圧2.4~3.1V・エネルギー密度は100Wh/kgを大きく超えて有機電解液を用いた市販リチウムイオン電池と同等レベルを実現できる(図:東京大学のプレスリリースより)
ハイドレートメルトを電解液としたリチウムイオン電池の電圧、容量、エネルギー密度
一般的な水系水溶液を用いた場合は電圧2V以下・エネルギー密度100Wh/kgが限界だったのに対し、ハイドレートメルトを電解液に用いた場合は電圧2.4~3.1V・エネルギー密度は100Wh/kgを大きく超えて有機電解液を用いた市販リチウムイオン電池と同等レベルを実現できる(図:東京大学のプレスリリースより)

水を電解液に用いたリチウムイオン電池