みやぎ生協富谷共同購入物流センターに設置した実証設備
(出所:4者共同のニュースリリース)
[画像のクリックで拡大表示]
実証の概要イメージ
(出所:4者共同のニュースリリース)
[画像のクリックで拡大表示]

 宮城県富谷市および日立製作所、丸紅、みやぎ生活協同組合(みやぎ生協)の4者は、太陽光由来の水素サプライチェーン構築に向けた実証事業に取り組んでいる。このほどみやぎ生協富谷共同購入物流センターに実証設備を建設し、8月3日に運用開始式を開催した。

 実証実験では、同物流センターに既設の太陽光発電システムで発電した電力を用いて水電解装置で水素に変換し、「水素吸蔵合金カセット」に貯蔵する。

 このカセットを、みやぎ生協の物流ネットワークにより、富谷市内の生協員の家庭3軒、みやぎ生協店舗、富谷市立日吉台小学校児童クラブ棟に配送する。配送先では、水素吸蔵合金カセットを純水素型の燃料電池コージェネレーション(熱電併給)システムに取り付け、水素を燃料に発電しつつ、排熱を活用する。

 既存の物流ネットワークを活用することで、低炭素・低コストで水素を輸送できる。また、各家庭の燃料電池は、太陽光の発電電力が減少する夕方から夜間にかけて利用することを想定しており、エネルギー利用を効率化できる。さらに、今回の「太陽光水素サプライチェーン」は全国展開が可能で、民生向けの水素利用の拡大やCO2排出削減への貢献が期待できる。

 運転開始式では、土井復興副大臣や村井宮城県知事をはじめとした関係者の出席の下、水素を充填した水素吸蔵合金カセットを利用先のひとつである児童クラブ棟に配送し、燃料電池に取り付ける様子を会場内のモニターで生中継した。

 環境省の「平成29年度地域連携・低炭素水素技術実証事業」に採択された実証事業。1年以上設備を運用し、その成果を2020年3月までにまとめる予定。4者は実証結果を踏まえて、CO2を排出しない未来都市の実現を目指し、富谷市で構築した「太陽光水素サプライチェーン」を宮城県内全域から東北地用や全国に向けて拡大することを目指す。