理化学研究所(理研)と情報通信研究機構、大阪大学、気象庁、ブエノスアイレス大学らの国際共同研究グループは2016年8月9日、スーパーコンピューター「京」と最新鋭気象レーダーを活用した「ゲリラ豪雨予測手法」を開発したと発表した。従来と比べて時間・空間的に極めて細かい天気予報シミュレーションを行うことで、実際のゲリラ豪雨の動きを詳細に再現することに成功した。

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!