ニュース

蓄電池併設型の太陽光に対応したパワコン、一体化でコスト低下

2018/08/06 05:00
工藤宗介=技術ライター
印刷用ページ
PVI1000MJ-3/1000
(出所:富士電機)
クリックすると拡大した画像が開きます

 富士電機は8月2日、蓄電池併設型の太陽光発電システムに対応した「マルチパワーコンディショナー(PCS)」を発売した。太陽光パネル用PCSと蓄電池用PCSを一体化することで、従来の設備と比べて約20%のコストを低下したという。

 PCSを構成するインバーター回路やコントローラーを集約することで2種類のPCSが持つ機能を一体化した。PCSと付随する変圧器の設置台数や設置工数を減らすとともに、太陽光パネルが発電した電力を交流に変換することなく蓄電池に充電することで電力損失を4~5%低減したという。

 また同社では、風力発電施設での蓄電池制御の実績をもとに、一定期間の発電量変化の割合を1分間で1%以内に抑える制御モデルを構築している。新製品にこの制御モデルを適用することで、系統・発電量の安定化を支援するとしている。

 製品の型式は、PVI1000MJ-3/1000。主な仕様は、太陽光側入力がDC1000V・1500kW、蓄電池側入力がDC800V・1500kW、出力がAC480V・1110kVA/1000kW。本体寸法は幅4860×奥行き900×高さ1950mm、重さは4700kg。

  • 記事ランキング