• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP
ニュース

中部電力、FIT後の住宅太陽光の電力を購入、時空を超えて取引

2018/07/25 06:30
工藤宗介=技術ライター、金子憲治=日経BP総研 クリーンテックラボ
印刷用ページ
「これからデンキ」の仕組みイメージ
(出所:中部電力)
クリックすると拡大した画像が開きます

 中部電力は7月23日、住宅太陽光の電力を時間と空間を越えて取引できるサービス「これからデンキ」を発表した。2019年11月に一部住宅太陽光の固定価格買取制度(FIT)の買取期間が終了した後も継続して発電電力を買い取ることを基本方針とし、顧客が自ら発電した電気をさまざまな形で取引できるようにする。

 具体的には、太陽光発電設備で昼間に発電した電力を時間シフトして自ら利用したり、離れて暮らす家族や応援したい企業にシェアするなどのサービスを検討する。2019年11月以降に本格的にサービス展開する。詳細が決まり次第改めて発表するとしている。

 ICTやIoTなどを活用したサービスを統一的に展開するためのブランド「カテエネコネクト」の第2段サービスとなる。

 サービス開始に先行し、今年8月1日からスタートイベントを始める。歩いたりサッカースタイジアムで応援するなど、日常生活の中で健康的に体を動かして消費したエネルギーを「発電した」とみなしてポイントのように貯めておき、それを自分で使える。

 スタートイベントは、スマートフォンアプリを用いて誰でも参加できる。例えば、毎日1万歩歩くと月額約7円(年額約84円)分を擬似的に発電したとみなしてポイントになる。つくった電気(ポイント)はアプリから確認でき、電気料金の精算に使ったり、別売のIoTワイヤレス充電器(税別5980円、9月3日予約開始)を用いてスマートフォンを充電できる。

 このほかにも、名古屋グランパスとタイアップし、豊田スタジアムでの試合にて発電体験の参加イベントを開催する(無料)。また、太陽光発電所を擬似的に所有して発電することも可能(参加費は税別1000円)。

  • 記事ランキング