屋根に敷き詰められた太陽光パネル
(出所:積水化学工業)
[画像のクリックで拡大表示]
スマートパワーステーションGR
(出所:積水化学工業)
[画像のクリックで拡大表示]

 積水化学工業は、寄棟タイプの屋根に大容量太陽光パネルを搭載した鉄骨系住宅「スマートパワーステーションGR」を、7月28日から販売開始する(北海道、沖縄、多雪地域を除く)。

 今年1月に発売した「スマートパワーステーション“100%Edition”」に続く、「エネルギー自給自足100%」の実現を可能とする住宅の第2弾となる。

 太陽光パネル一体型の寄棟タイプ屋根「スマートGルーフ」を新たに開発した。トップのフラット面に加えて勾配屋根にも太陽光パネルを敷き詰め、延床面積30坪台の一般的な住宅でも10kW以上の太陽光パネルを設置できる。

 “100%Edition”タイプでは、13.9kWの太陽光パネルと、12kWhの蓄電池を搭載、電動車両の蓄電池と連係する「VtoHシステム」を採用する。電気自動車(EV)に30kWhの蓄電池がある場合、理論上、「エネルギー自給自足」が実現できるという。太陽光パネルは京セラ製。

 このほかにも、ZEH(ゼロエネルギー住宅)仕様を標準化した。サッシ枠に断熱材を追加した「高断熱アルミ樹脂複合サッシ」を採用。標準仕様はペアガラスで、オプションとしてトリプルガラスタイプも用意した。また、基礎の断熱材は厚さ2倍、幅3.5倍に、天井の断熱材は厚さ1.4倍に増強し、寒冷地エリアの断熱仕様を一般地で標準化した。

 販売価格は、3.3m2あたり74万円台から(税別)。なお、販売価格は延床面積127.13m2モデルプランでの試算で、建物本体材料費と工事費のほか、太陽光発電システム9.09kW(パネル・パワーコンディショナー含む)、蓄電池5.0kWh、HEMS、オリジナル全室空調システム(快適エアリー)の価格を含む。初年度700棟、次年度以降は年間1000棟の販売を目指す。