• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

お薦めトピック

京都大原記念病院、ナースコールや内線などをスマホに統合

3点認証や医療情報システムと連携も計画

2018/07/20 10:30
増田 克善=日経デジタルヘルス
ナースコール連携のイメージ
クリックすると拡大した画像が開きます
スマホによる3点認証のイメージ(アプリケーションは両備システムズ)
クリックすると拡大した画像が開きます

 京都大原記念病院グループは、スマートフォンをナースコールのハンディー端末や各拠点間の内線などに利用できる内線スマートフォンソリューションを導入した。NTT西日本の「クラウドPBXサービス」を活用した。今後は、医療情報システムと連携し、医療データの閲覧や記録作業にもスマートフォンを利用できるようにしていく。

 クラウドPBXサービスにより、スマートフォン1台で内線通話やナースコールの一斉同時呼び出しが可能になるため、呼び出し患者の最寄りの看護師による迅速な応答が可能になる。また、内線通話には院内ネットワーク用の無線LANアクセスポイントを利用できるため、従来のようなPHS用アンテナなどの設備が不要になる。

 今後、スマートフォンをバーコードリーダーとして利用することにより、患者情報の表示、点滴注射などの際の患者・実施者・輸液の3点認証にも利用していく計画という。さらに、電子カルテ情報の表示や医療スタッフ間のチャット、ドアホンの応答、多言語翻訳などもスマートフォン1台に集約できる。

 京都大原記念病院グループ 京都近衛リハビリテーション病院の担当者は、導入したソリューションについて次のように述べている。「スタッフは患者の対応で常に病院内を動いているため、 スマートフォンでナースコールが受けられるのはとても便利。特に夜間帯などはスタッフの人数も少ないため、この機能により安心感が増す。院内の通信環境の充実や先進的なICTサービスの導入により、さまざまな効率化についてNTT西日本と検討している」。

ピックアップPR

もっと見る

記事ランキング