• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

お薦めトピック

精液の採取を容易に、ハスの葉をヒントにした素材で

ダンテの精液郵送検査キット、採精カップを東洋アルミニウムが開発

2018/07/17 14:30
近藤 寿成=スプール

採精カップ「ComeCum Cup」
クリックすると拡大した画像が開きます

 デジタルヘルスベンチャーのダンテは、同社が2018年7月2日に個人向け販売を開始した精液成分の郵送検査キット「BUDDY CHECK」(バディチェック)の採精カップ「ComeCum Cup」(カムカムカップ)を東洋アルミニウムが開発したと発表した。粘性が高い精液をよく弾く構造で、スポイトなどを使わずにほぼ全量を提出用チューブに入れることを可能にしたカップである。

 バディチェックは、精液中の「精子」の数や運動性を見る一般的な精液検査と違い、精子の運動や受精能力に大きく影響するという精液中の「精しょう」を見るのが特徴である(関連記事)。しかし、精液は粘性が高く提出用チューブに全量を入れることが困難なことから、開発当初はバディチェックに適用できる採精カップを探す作業が重要項目だった。

精液中の「精子」ではなく「精しょう」を見るのが特徴である
クリックすると拡大した画像が開きます

 そこで、東洋アルミニウムの技術を応用し、「どんなものでも弾かせて付着させない」というコンセプトを基に開発したのがカムカムカップだ。同社が開発した超撥水性素材「TOYAL LOTUS」(トーヤルロータス)を使用しており、粘性の高い精液でも非常によく弾くようにした。

郵送検査キット「BUDDY CHECK」の中にカップが入っている
クリックすると拡大した画像が開きます

ハスの葉をヒントに開発した素材を用いた

 トーヤルロータスは、ハス(蓮)の葉の表面にある疎水性の微細な凹凸構造が生み出す超撥水性をヒントに開発した、いわゆるバイオミメティクス(生物模倣)による素材。この構造と同様の空気層を含む凹凸構造(フラクタル構造)を素材表面に施すことで、人工的に超撥水性を実現した。

ピックアップPR

もっと見る

記事ランキング