苅田バイオマス発電所のイメージ
(出所:レノバ、住友林業)
[画像のクリックで拡大表示]

 新日鉄住金エンジニアリング(東京都品川区)と住友重機械工業(SHI)は7月9日、レノバと住友林業など5社が出資する苅田バイオマスエナジー(福岡県苅田町)が同町に計画する75MW級バイオマス専焼発電所の建設工事を受注したと発表した。

 同設備は、木質ペレットを主燃料とした再熱方式の循環流動層(CBF)ボイラーを採用する。発電方式は蒸気タービン式。再熱方式は、蒸気タービンで膨張した蒸気を再度ボイラーに送り、再加熱して再びボイラーに送ることで高効率発電を可能にする(関連記事: 苅田町で75MWのバイオマス専焼発電、北米産木質ペレットなど)。

 住友重機械工業グループは、国内外で490缶以上のCBFボイラーの導入実績を持つ。CBFボイラーは幅広い燃料に対応可能で、特にバイオマス発電の分野で優位性を持つ。これらの実績が評価され採用されたという。

 両社は共同企業体(JV)を設立し、燃料受入・保管・搬送設備および発電設備の設計・機器調達・建設・試運転を行う。運転開始は2021年6月の予定。