• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP
ニュース

今上半期、太陽光関連の倒産は2桁減、ピークアウト傾向に

2018/07/11 11:06
工藤宗介=技術ライター
印刷用ページ
倒産件数と負債総額の推移
(出所:帝国データバンク)
クリックすると拡大した画像が開きます

 帝国データバンクは7月4日、「2018年上半期(1~6月)の太陽光関連企業の倒産件数は44件だった」との調査結果を発表した。前年同期比12.0%減と、2017年下半期の13.6%減に続いて2桁減少となり、「ピークアウト感も出ている」という。

 倒産様態別では破産が42件、特別清算が1件、民事再生法が1件。調査を開始した2006年からの累計では破産が構成比94.3%を占める。地域別では関東が17件、中部が12件、近畿が7件、九州が5件、東北が2件、中国が1件となり、特に中部が急増した。

 負債総額は合計83億6200万円。いずれの企業も負債10億円に満たず、2006年以降の負債額上位20社に変動はなかった。

  • 記事ランキング