中国Hanergy社が開発した「ゼロ充電」ソーラーカー
中国Hanergy社が開発した「ゼロ充電」ソーラーカー
(出所: Hanergy Group Holdings)
[画像のクリックで拡大表示]

 中国のHanergy Holding Group社は7月2日、同社が開催したイベントにおいて太陽光だけで走行が可能とするソーラーカー4台を開発したと発表した。

 同社のリー・ヘジュン会長兼最高経営責任者(CEO)は、会場でスポーツカー型の「Hanergy Solar R」を自ら運転してみせた。同社の薄膜太陽電池が軽量で柔軟性を持つため、自動車、ドローン(UAV)、携帯電話、バックパック、衣類といった多様な製品への搭載が可能と強調した。

 今回発表したソーラーカーは、光電変換システム、蓄電池システム、インテリジェント制御システムなどを搭載し、太陽光エネルギーを主な動力源としてゼロエミッション走行が可能とする。

 太陽光から直接充電できるため、従来の電気自動車(EV)が必要とする充電ステーションに依存しないという。「充電1回当たりの走行距離」をいちいち気にする必要もなく、短距離から中距離であれば「ゼロ充電」で走行可能としている。

 天気が良くないときや長距離を走行する場合には、蓄電池システムに充電することによって350kmの連続走行が可能という。同社は、今回発表した4台のソーラーカーが薄膜系太陽電池をフルに採用した初めてのソーラーカーで、商用化が可能だとする。

 搭載する太陽電池は、ヒ化ガリウム(GaAs)化合物薄膜の二重接合によるもの。変換効率は31.6%である。世界記録協会(WRA)によって世界記録と認定されたことが同イベントで発表された。

 この太陽電池技術は、この種別では世界最高の変換効率であることが2016年1月5日に米再生可能エネルギー研究所(NREL)によって認定されている。同社が2014年8月に買収を完了した米Alta Devices社が開発した太陽電池技術によるものとみられる。

 今回発表したソーラーカー技術の研究開発は同社が独自に行ったもので、同社は120件以上の特許を所有しているという。