微細藻類ミドリムシ(ユーグレナ)
(出所:ユーグレナ)
[画像のクリックで拡大表示]

 ユーグレナは6月19日、火力発電所から排出される排ガスや排熱などを利用したバイオ燃料用・飼料用微細藻類ミドリムシ(ユーグレナ)の海外での培養実証事業に向けて、伊藤忠商事と覚書を締結したと発表した。

 覚書の締結に伴い、ユーグレナはミドリムシ現地株の単離・収集と育種・培養に関する実証試験を、伊藤忠商事は実証事業に関する候補地のリサーチ・交渉・資材調達支援・生産物の販売可能性調査などの海外進出・事業化を支援する。

 ミドリムシは、光合成により二酸化炭素を吸収するとともに酸素を排出し、体内に炭素を蓄えて増殖するという特性を持つ。今回の実証実験では、ミドリムシの培養に適した海外候補地で火力発電所に隣接して培養設備を設置し、発電所から排出される二酸化炭素や排熱を活用してミドリムシの培養を実証する。

 試験規模での培養から開始し、実証成果に応じて培養規模を段階的に拡大することで、バイオ燃料用および飼料用ミドリムシ生産の商業化に向けたフィージビリティ・スタディおよび技術を開発し、実証する。最初の培養実証は生産コストや培養環境の観点からインドネシアを選定し、その他の候補国も今後継続して検討する。