トヨタ自動車はフロントカメラで撮影した画像と、ユーザーのブレーキ操作やステアリングの操舵角などの運転データを基に運転状況を解析し、安全運転を支援するシステムを「スマートコミュニティJapan2016」(2016年6月15~17日、東京ビッグサイト)に展示した。同システムの一部機能をトヨタレンタリースのサービスとして提供している。法人契約の車両に搭載し、既に数百台が実際に稼働しているという。

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は登録月無料!