印南風力発電所
(出所:ガスアンドパワー)
[画像のクリックで拡大表示]

 大阪ガスの100%子会社であるガスアンドパワー(大阪市)は6月1日、和歌山県印南町に発電容量26MWの風力発電所「印南(いなみ)風力発電所」の営業運転を開始した。

 日立製作所製の2000kW級風車を13基設置した。ブレード長は42m、支柱高さは78m。施工は三井E&Sエンジニアリング(千葉市)が担当した。事業主体の「三井印南風力発電株式会社」は、ガスアンドパワーが95%、三井E&Sエンジニアリングが5%出資する。

 ガスアンドパワーは、これまでに国内5カ所の風力発電所を運営しており、今回の印南風力発電所が6カ所目となる。さらに、北海道寿都町・蘭越町に7カ所目の建設を進めている。

 大阪ガスグループでは、2030年ごろまでに国内外で100万kW(1GW)程度の再生可能エネルギー電源を確保する方針。