完全バッテリー駆動式自動運航船「e-Oshima」
(出所:GSユアサ)
[画像のクリックで拡大表示]

 大島造船所(長崎県西海市)は、蓄電池からの電気だけで航行する「完全バッテリー駆動式自動運航船 e-Oshima」を建造し、6月12日に命名式を開催した。蓄電池が航行用の動力源のほか、通信・航海・無線機器、照明、空調など航行中のすべての電源に電力を供給する「ゼロエミッション船」となる。

 同船の推進システムは、GSユアサ製の大容量リチウムイオン蓄電池を主電源装置として使用し、リチウムイオン電池を多重に保護する管理装置を含む。公称電圧は622V、定格容量は590kWh(12セルモジュールを14モジュール直列×10並列×2ユニット)。

 また、次世代IoT技術を採用し、衝突や座礁を防止するための自動避航を可能とする自動操船システムを導入した。同システムを用いた実証運航は、国土交通省の「自動運航船実証事業」のひとつに選定されている。

 最大50人乗りで、大型バス1台と乗用車4台を同時に積載可能。全長35m、総トン数340t(関連記事:福井県美浜町、三方五湖遊覧に「ソーラー船」開発、太陽光で充電)(関連記事:ナイアガラの滝の観光船を再エネで運行、蓄電池搭載「フル電動船」で)。