九州大学とシステムインフロンティア(SIF)、大阪大学、筑波大学は2016年6月14日、ナノメートル(nm)スケールの細胞や物質の観察が可能な透過電子顕微鏡(TEM)内で、物質を引張・圧縮変形しながら時系列で3次元画像を撮影できる「その場変形電子線トモグラフィーシステム(リアルタイムETシステム)」のプロトタイプを開発したと発表した。

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は申し込み初月無料!