韓国の大学院大学 Korea Advanced Institute of Science and Technology(KAIST)は、グラフェンをITOの代わりに透明導電膜として用いた緑色発光の有機EL素子を開発。その詳細を学術誌「Nature Communications」に論文として発表した。

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は登録月無料!