安全祈願祭の様子
鎌入れをする永本芳生副社長(出所:三井住友建設)
[画像のクリックで拡大表示]

 三井住友建設は6月5日、香川県にあるため池の水上を活用し、出力2.6MWのメガソーラー(大規模太陽光発電所)「平木尾池水上太陽光発電所」を建設すると発表した。

 5月26日に安全祈願祭を開催した。2017年11月に運転開始を予定している。

 同社が発電事業者となるとともに、太陽光パネルを水上に浮かべる部材であるフロートは、自社製を採用する。

 香川県木田郡三木町平木字南山田にある農業用ため池「平木尾池」の水面を利用する。太陽光パネルを浮かべる面積は、約2万9000m2を計画している。

 年間発電量は、約290万kWを見込んでいる。買取価格は非公開で、四国電力に売電する。

 施工は、グループ会社のSMCテック(千葉県流山市)が担当する。採用した太陽光パネル、パワーコンディショナー(PCS)のメーカー名は非公開としている。

 同社は、2014年に、香川県 農政水産部農村整備課によるため池での太陽光発電の実証実験(関連ニュース1)の施工を手掛けて以降、水上太陽光発電への取り組みを強化している。

 2015年には、自社開発によるフロートを製品化し、販売を開始した(関連ニュース2)。これまでに、施工中を含めて国内で4カ所、海外で2カ所の採用実績がある(関連ニュース3)。

 このほか、発電事業者としては、佐賀県吉野ヶ里町にある自社の三田川PC工場内の遊休地に、地上設置型の出力1MWのメガソーラーを開発し、2014年に稼働を開始している(関連ニュース4)。