ニュース

旭化成ホームズ、「卒FIT」買取サービスの単価を公表

2019/06/04 13:04
工藤宗介=技術ライター
印刷用ページ
ヘーベル電気の卒FIT買取サービス概要
(出所:旭化成ホームズ)
クリックすると拡大した画像が開きます

 旭化成ホームズ(東京都千代田区)は5月31日、同社顧客向け電力供給サービス「ヘーベル電気」について、11月から固定価格買取制度(FIT)の買取期間が終了する「卒FIT」住宅太陽光発電設備の余剰電力買取サービスを開始すると発表した。

 同社が施工した太陽光発電設備が対象となる。買取単価は10円/kWh、蓄電池を設置して自家消費する場合(自給自足運転モード)は12円/kWh。同社が買い取った余剰電力は、事務所や展示場など事業活動の電力に活用する。7月1日から事前受付を開始し、11月1日から買取を始める。

 ヘーベル電気は、戸建住宅「ヘーベルハウス」や賃貸住宅「ヘーベルメゾン」の顧客を対象に、電力小売事業者と提携して電力を供給するサービス。これまで関東・関西エリアで展開してきたが、7月に中部エリア、11月に山陽・九州北部エリアを加え、同社の全販売エリアに拡大する。

  • 記事ランキング