太陽光発電向け大容量パワーコンディショナー(PCS)でシェアトップの東芝三菱電機産業システム(TMEIC)は、映画「スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム」とコラボレーションしたブランドキャンペーンを実施する。

 キャンペーン期間は、6月1日から8 月31日までで、TMEICのイメージキャラクターである「TMEIC マン」を主人公にしたテレビ CM や交通広告を展開する。

 スパイダーマンの最新作「ファー・フロム・ホーム」は、世界で最も早く6月28日から日本で公開される。今回のキャンペーンでは、映画の封切に先駆け、スパイダーマンとTMEICマンのキャラクターイメージに共通した「責任感」や「使命感」をアピールすることで、最新作を応援しつつ、TMEICのブランドイメージ向上を狙う。

 具体的には、テレビCM、グラフィックポスターに、TMEIC製の太陽光発電向けPCSをスパイダーマン最新作のイラストで塗装した特別モデル(非売品)を登場させるという。

キャンペーンで使うグラフィックポスターの例
(出所:TMEIC)
[画像のクリックで拡大表示]

 ブランドキャンペーンのキャッチコピーは「大いなる力、大いなる使命」とし、スパイダーマン作品に流れる「大いなる力には、大いなる責任を伴う」というメッセージと、「産業・社会をより良い方向に牽引する原動力になる」というTMEICの企業姿勢を重ね合わせるという。TMEICがスパイダーマン映画とのコラボでキャンペーンを展開するのは、前作「ホームカミング」(2017年8月公開)に続き、2回目となる。